健忘症か

昨日は自由ヶ丘の「金田」で、講談社担当の野村氏と打ち上げと打ち合わせ。
久しぶりに「金田」の料理を堪能した。お酒はビールから初めて熱燗、そして焼酎でしめた。

話をしているときに、「あれ、あの人。誰だったかな?」と、人の名前を思い出せないことがしばしば。
二人していろいろ考え、どうにか思い出そうとしても、てんで違う人の名が出てくる。

まず、山本周五郎の名がすんなり出てこなかった。
つぎによく知っている他社の編集者の名も。

最後が動物学者で京大の名誉教授で滋賀県立大学の初代学長の名前。
他は思い出せたが、この学者の名がついに思い出せなかった。

思い出したのは今朝になってからだ。
日高敏隆先生でした。まったく、健忘症になってしまった。

さて、それはさておき、今年3作目の新刊が発売です。
武者ファン、桜井俊吾ファンお待たせしました。担当者も絶賛しております。
どうぞ書店に走ってください。
東京近郊の書店にはすでに置いてあると思います。地方は来週になるはずです。

">『武士の約定 武者とゆく(六)』(講談社文庫)
 それにしても写真、小っちゃ……
b0054391_127077.gif

[PR]

by kingminoru | 2009-03-07 12:05 | 小説家(小説)