梅をちぎる

◆ここ2年、梅干しを漬けている。
その梅は実家から送ってもらうのだが、年老いた母の手を患わせることになるので、今年はそんな(梅をつける)余裕ないから送らなくていいと、嘘も方便。

で、今朝、いつもより早めに散歩に出かける。
近所の山に分け入り、梅の木を探す。
ない。

しゃあない、今日は伊東ちゃんちの梅をちぎらせてもらおうと思って、帰りかけたときに、あった!
低い位置の梅はちぎってあったが、高いところにはぎょうさんなっとる。(どこの言葉や)

約1.5キロはちぎったかな。
まだ、足りないので、伊東ちゃんちで調達だな。

それで足りなかったら、大倉山の梅園に盗みにゆく。(嘘、嘘)

◆仕事、まくりまくり。今日はピリオドを打つ。

◆主が必死こいて仕事しているときに、うちの猫ときたら、こんなにのんびりしている。
b0054391_6171521.jpg

[PR]

by kingminoru | 2009-06-04 06:17 | 小説家(小説)