日本語の誤用?

b0054391_6482481.jpg

◆とにかくミーチャはこのポーズが好きだ。よくやる。

◆昨夜は担当編集たちと、久しぶりに芳勘
 次回作と連載、取材などの打ち合わせ。
 鮨屋では普段、ビールのあとは日本酒か焼酎だが、昨夜は白のシャブリで攻める。
 二軒目は近所のジャズバー。話が尽きず、結局は編集長にタクシーで送ってもらう。

◆ところで、日本語の使い方で気になることがある。
 数年前、「檄を飛ばす」「憮然」などという言葉の誤用を、マスコミが指摘していた。
 じつはわたしも、励ましの言葉をかけるなどのニュアンスで、「檄を飛ばす」と書いていた。

 これは、「檄文を発表し、広く知らせる。また、それによって人々を呼び集める」というのが正しい。

 だからわたしは完全に間違っていたことになる。それ以降は気をつけている。
(校正も知らなかったか、見落としていたということだが、結局は作家の責任だわな)

 さらに、「憮然」。わたしは気に入らない表情とか、少し怒りを込めた顔などを表すときに、「憮然とした顔」などと使っていた。

 辞書によると、「失望・落胆して心の沈むようす。また、どうにも仕様がないというような気持ちを外に表して、沈黙しがちになるようす」ということになる。

 だから、わたしは、「憤然とした顔」などと使うようにしていた。
 ところが、これまでどおりの使い方でいいのではないか、読み手に伝わるのなら、間違いではないと思うようになった。

 実際、上に書いた辞書にも「どうにもしようがないというような気持ちを外に表して、沈黙しがちになるようす」とある。

 むっと口を引き結び、気に入らない目つきでいることを、憮然と表現しても差し支えない。

 だから、わたしは従来どおり「憮然」を使うことにした。

◆ああ、仕事しなきゃ……。
[PR]

by kingminoru | 2009-08-21 06:48 | 小説家(小説)