どうするよ

b0054391_654181.jpg

◆カフェで休んでいて、突然立ちあがったら、隣に座っていたきれいな女性のアイスコーヒーを落としてしまった。さいわい、グラスは割れないプラスチック製だったのでよかったが、せっかくのアイスコーヒーが台無しになった。
 とはいっても、もうほとんど飲みきってあったのだが、わたしは新たに注文してやることにした。
 そのとってもきれいな女性は、結構ですと遠慮をする。連れの女性もまたきれいな人で、どうぞおかまいなくという。

 わたしは、「いえいえ、こっちが悪いのですから」といって、新たに二人分のアイスコーヒーを注文してやった。

 これで勘定はわたしの分と、女性二人のアイスコーヒー4杯分だ。
 都合5杯分。大したことはない。

 すぐに注文の品が女性たちに運ばれてきて、ボーイが伝票をわたしに見せた。

 な、なに、これ?
 目が点になる。請求は9700円!
 そんな馬鹿な。たかがアイスコーヒーではなーきゃ。

「どうかされましたか?」
 と、女性が訊ねる。
「いえ、なんでもないです」
 しかたなく財布から金を出す。
「見せてください」
 と、女性が伝票をひったくる。
「あら、わたしお支払いします」
 親切にそんなことをいってくれたが、出したのは小銭200円。

「これで500円のお釣りですから、切れがいいでしょう」
 と、にっこり微笑む。

 アイスコーヒー5杯で、9500円。ありえない話だ。
 
 まったくありえない話であった。
 ハハハ。

 さ、本日も遅れに遅れて遅れまくっております仕事しよ。
[PR]

by kingminoru | 2009-10-13 06:43 | 小説家(小説)