師走に入る

◆道に散った枯れ葉を北風が払う時期だというのに、冬らしくない陽気がつづいている。
 そんななかわたしはひどい風邪に罹り、すっかりまいってしまった。
 都合三日寝込んでいたことになる。

 まいった、まいった。
 
 それしかいうことがない。
 だけど、復活。今日から巻き返し。
 いつものように4時に起き、シャワーを浴びた。
b0054391_5473683.jpg

◆戴いた本がある。
b0054391_5574540.jpgまずは、柴田よしきさんの「いつか響く足音」(新潮社)。柴田さんにしてはめずらしいミステリー作品ではない。さて、どんなストーリーになっているのやら、今からページを開くのが楽しみです。


b0054391_55837.jpgつぎは芦川淳一さんの「三匹の仇討ち」(ベスト時代文庫)。芦川さんの新シリーズです。なにやら新境地開拓の気配。こちらも読むのが楽しみ。ちなみにカバーイラストは、わたしが「研ぎ師」シリーズで世話になっている渡辺さんである。これも嬉しい。柴田さん、芦川さんありがとうございます。


 さあて、わたしはせっせと仕事をしなければならぬな。
 遅れを取り戻すぞ!

 ああ、滝の前に自転車を起きっぱなしにしているのを思いだした。もう五日ばかり放置している。鍵をかけていないので、盗まれているかもしれない。
 今日、取りに行こう。……なかったりして……(汗)。
[PR]

by kingminoru | 2009-12-01 05:35 | 小説家(小説)