羽田で迷う

b0054391_7493550.jpg

◆いつものように午前4時起き。
 しめっぽい話だとか、愚痴っぽい話はあまり好きではないが、昨日は妹の義母の通夜だった。
 89歳であった。
 もう2年あまり寝たきりで、ここ半年以上は意識がなかったようだ。
 ようやく楽になって、旅立つことができた。
 諸処の事情で家族葬としたが、思いの外立派な祭壇ときれいな葬儀場だ。

 両親が列席のために上京してきたので、羽田に迎えに行ったが、久しぶりにいくのでどこのパーキングに入れたらよいかわからず、適当に入って、到着ロビーに行くと、第1ターミナルではないことが判明。
 第2ターミナルに歩いていくが、相当距離がある。車を入れた駐車場も遠くなる。
 年老いた両親を歩かせるには遠すぎる。
 急遽、車を出して、第2ターミナルの到着口に近い、第2パーキングに入れる。

 両親がやってきたが、なんと従妹と遭遇。約1年ぶり。
 機内で両親と隣り合わせだったらしい。

◆本日は告別式。その後、両親をまた羽田に送って行く。
 そろそろ5時になるが、原稿執筆するにはちょっと時間がない。
 資料読みだけにする。

 明日からは馬車馬になる。
 しかし、遅れている。

 各社、各担当者さま、ご迷惑をおかけします。
 入稿が大幅にずれ込みそうです<(_ _)>
[PR]

by kingminoru | 2010-05-26 04:59 | 小説家(小説)