江戸通い

◆連ちゃんの江戸通い。
 昨日は渋谷へ。
 竜馬の文庫化の打ち上げでした。
 担当の大山さんと宮崎の店へ。
 口蹄疫で苦しんでいる畜農家に少しでもお役に立てればという思いでした。店のほうで寄付をしているのです。宮崎牛も鳥も食べる。刺身も食べる。
 
 その後、杉の子でしこたま飲んで帰還する。ちと飲み過ぎ。

◆前日は歴史・時代小説家の集まりだったが、予想以上の集まりとなっていた。
 御大の津本陽さんをはじめ、錚々たるメンバーだった。
 会の発起人は、岳真也さんと三田誠広さんだった。
 北原亞以子さんとお話をしたかったが、席が遠かったのできなかったのが残念。
 もっぱら目の前の井沢元彦さんと鈴木英治さんとしゃべくっていたが、内容はあまり覚えていない。
 そういえば、加来耕三さんは面白い人だ。わたしより若いとは知らなかった。
b0054391_14314366.jpg
帰りがけに津本陽さんとツーショット。(わしの目線は違うぞい)
芦川淳一さんが撮影者であった。
その隣には朝松健さんがいたが、やはり席が遠くてかわしたのは挨拶程度の短いもの。

二次会には参加せず、駅そばの赤提灯で、芦川さん、聖龍人さん、早見俊さん、編集者の染宮さんと軽くやって帰る。
 
それにしても、あの会は今後どうやって発展していくのだろうか。
期待をしたい。
 
[PR]

by kingminoru | 2010-06-17 14:22 | 小説家(小説)