升目を埋める仕事ではないのだ

◆もはや、作家のほとんどは、原稿用紙の升目を埋めるようなことをしない。
 いや、そりゃ手書きでやっている人もいますが、大半はパソコンです。
 年代が若くなればなるほど、パソコンです。

 でも、手書きで書ける人が羨ましい。

 じゃあ、書けばいいじゃん。

 だめ。

 字が下手すぎるので、他人が読むのは難解なのだ。
 ときに自分で何を書いたかわからないことだってある。

 それでも手書きの時期があった。
「すみません、いくつか読めない箇所があるんですが……」
 と、何度いわれたことだろうか。

 ワープロが発売されると、真っ先に買ったのである。
[PR]

by kingminoru | 2010-06-24 08:14 | 小説家(小説)