小説家の休みは短い

◆昨日は久しぶりに、なーんにも仕事しなかった。
 こんなに楽なんだと、とても新鮮な気持ちになった。
 心にゆとりができると読書も進む。
 でも、読書の合間に仕事の構想を考えている自分に、はたと気づいて苦笑する。

 練習に行き、ショートアイアンを徹底的に練習した。
 花月のラーメンを食べた。
 う~ん、う~ん、味のことは控えましょう。

 キャノン・オープン、横田真一の優勝にはもらい泣きだった。
 横田が夕子夫人と抱き合って涙するんだものな。
 でも、苦労してきた甲斐があったというものだ。
 それにしても遼ちゃんは調子がいいね。5打差あったのに、ラストでまくって2位だものね。

◆さあ、本日はがつがつ仕事しますよ。
 体調はほんと万全です。
 先週は最悪だった。心臓はボクバクいうし、だるいし、やる気が起きなかったし。
 睡眠不足がつづくといけませんね。
 昨夜は7時間熟睡して、目はぱっちり、頭も冴えている。

 本日は快晴。
 体育の日を祝っている空です。
[PR]

by kingminoru | 2010-10-11 06:40 | 小説家(小説)