池袋の夜

◆昨日は、忘年会。
 気のおけない同期の集い&恵三男誕生会だった。
 みんな第2の人生を歩み始めている。どこに就職したと聞くと、みんなそこそこの一流企業だった。
 いかった、いかった。

 そういうわたしは、散髪とマッサージに行った。
 前日はすこぶるにぎわいだった散髪屋は、ガラガラですぐにできた。
 マッサージは、びっくりされた。
「こんなにこっている人は、久しぶりです。よく倒れませんでしたね」
 と、整体師にいわれた。
 頭のてっぺんから足の裏までマッサージをしてもらった。
 ええー、そんなところもこっているんだと、驚くわたし。
 でも、すごく体が楽になった。
 一年間のこりを解きほぐした感じだ。
 気持ちよかったー。
 知らないうちに、体がボロボロになっているのだ。
 たまには、体をリフレッシュしないといけないと思ったのである。 
[PR]

by kingminoru | 2010-12-31 09:37 | 小説家(小説)