ラッシュ

◆午前3時起床。シャワーを浴び、そのまま書斎に入る。
 原稿に取り組む。
 午前6時に終了。
 アニーの散歩に行って、梅の枝を失敬してくる。
 でもそこは山である。誰の山かわからない。
 4、5本だけだから持ち主がいても許してくれるだろう。
 でも、泥棒かな……。許してたもれ。どうか、ご寛恕のほどを。

 朝飯は粥。
 新聞を読んで、書斎に入り、もう一度原稿を見て気になった箇所を修正し、即行で担当者に送る。
 送ってもまだ会社に出ていないのはわかっているが、かまわない。

◆朝松健さんより、こんな本が届いた。朝松さん、監訳をしているのだ。
 こっちのジャンルは朝松さんの独擅場だから当然であろうが、ページを開くのが楽しみである。

 リン・カータ著「クトゥルー神話全書」(東京創元社)
b0054391_96599.jpg
 
 帯には――
「クトゥルー神話とは、20世紀最大級の驚くべき文学的現象である」とある。
 さらに、
「創造者ラヴクラフトの生涯を追いつつ、神話大系を詳細に紹介した高名な研究書、ついに邦訳なる」
 どうです、購買意欲をそそられるではありませんか。
 どうぞみなさんもチェックのほどを。

 それにしても朝松さんの活動には敬服する。
 彼は体調が万全ではない。爆弾を抱えて仕事をしているような状態といえば大袈裟だろうが、わたしのようにゴルフをやったり飲み歩いたりなどはできない。昔は相当飲んでいたようだが、いまは酒も喫煙もなし。
 自分の体調を自分で窺いながら、文筆活動をされている。
 それなのに、愚痴をこぼさないのが偉い。自分のHPにも毎日のように日々の出来事を書きつづっておられるが、弱音を吐いたり愚痴をこぼすようなことはない。
 これはわたしも見習っていることである。

◆アニーはなんでもくわえるのが好き。
b0054391_975986.jpg

◆ミーチャの寝起き。
b0054391_981074.jpg

◆寝ているときは、間違って踏みつけないようにこんな注意がある。
b0054391_982174.jpg

[PR]

by kingminoru | 2011-01-28 09:08 | 小説家(小説)