北東方面を見る

◆今朝のアニーとの散歩。土道には霜柱が立っていた。
 シャリ、シャリと歩くごとに音がする。
 空は雲ひとつない青空。
 いつもゆく公園には、桃の花が満開。白い雪柳も可憐に咲いている。
 梅は花を落として、葉と実をつける支度にかかっているようだ。

 公園の頂きにアニーと二人で立つ。
 すっと視線をあげて、北東方面を眺めた。
 澄んだ空がどこまでもつづいていた。

 その空に、爆音がひびき、自衛隊のヘリが飛んでいった。

 もっと、書きたいことはあるが、今日は静かに仕事をする。







[PR]

by kingminoru | 2011-03-17 07:41 | 小説家(小説)