パワースポット

◆午前2時起床。
 コーヒーを淹れて午前3時に書斎に入る。
 拙作の英訳ができたと、翻訳者から連絡メールがあり、添付ファイルがついていた。
 ファイルを開いて読むが、英文なのでうまく読むことができない。それでも、自分の作品だからなんとなくわかる。欧米人がどう感じるのか、どう評価するのか、それが楽しみ。

◆それはさておき、さっさと仕事しよう。
 いつも月末には押せ押せになり、ヒイコラいうのでいまのうちから頑張っておかなければならない。
b0054391_332751.jpg
 
 写真は、わたしがしばしば訪ねるようになった神社。そのときはアニーもいっしょ。
 パワースポットだというので、パワーをもらうことにしている。
 そして、いろんなことをお願いする。
 わずかな賽銭で、それはもう贅沢なほどたくさんお願いするのです。
 神様も大変だろうな。





[PR]

by kingminoru | 2011-05-06 03:32 | 小説家(小説)