雨、雨降れ降れ

◆午前3時起床。
 そのまま書斎に入り、ついいままで原稿のチェックをしていた。
 いやあ、これは時間がかかる。

 外は雨だ。ずいぶん降っている。
 福島原発周辺には降ってほしくないが、天は人の望みなど聞きはしない。
 アニーも雨だと散歩に行かない。

 とにかく、仕事漬けである。
 少し休憩をして、原稿執筆に取りかかる。

「雨月の道」(幻冬舎)は出足好調だと、担当編集者から連絡あり。
 重版がかからないと、満足できないわたし。

 仕事ばかりで特記事項なし。
 本日もシコシコですね。
 散髪行きたいけど、行けるかなァ……。






[PR]

by kingminoru | 2011-06-11 07:45 | 小説家(小説)