少年時代

◆午前5時少し前に起床。
 本日は日本の原風景をお送りします。
◆朝日を浴びる水田。
b0054391_549192.jpg

◆農作地。
b0054391_5494418.jpg

◆里山と集落につづく農道。
b0054391_550458.jpg

◆日の落ちる暮れ方。
b0054391_550234.jpg

 わたしはこんなところで、少年時代を過ごしたのでした。
 お陰様で時代小説を書くことに、とても役に立っている。
 野路、畦道、虫の声、鳥の声、空を流れる雲がどうであったか、夜がいかほど暗いか、そして明るいかなどなど。明治生まれの祖父や祖母から聞いた話も役に立っている。
「ぼくは小説を書くために生まれてきたのかもしれない」
 と、思うときがある。
 書くことが、そして仕事が好きなのです。

 雨がすごく降ってきた。雷も鳴っている。
 台風が急接近中。注意しましょう。


 さ、仕事しよ。


[PR]

by kingminoru | 2011-07-19 05:50 | 小説家(小説)