文学新人賞受賞

b0054391_7415358.jpg

◆午前3時半に起床。
 雑用と仕事をこなす。

 昨夜は我が息子のように可愛がっている甥っ子がやってきた。
 とある文学賞の新人賞を受賞したのだ。
 まだ、公表されていないのでここには書けないが、嬉しそうだった。
 鮨を取ってやり、軽く乾杯。
 来年には結婚もすると告白。(姪っ子もするといっている)

 仕事はつづけた方がよいので、そのように勧める。
 専業作家になるには大変なのだ。
 新人賞を取ってもほとんど生き残れないのが現状だからね。
 甥っ子はどこかで聞いたらしく、そのことを知っていた。
 ともかく、入口に辿りついたのだから、ここからが勝負。

 2作目で失敗すれば、将来はほとんどない。
 運良く3作目を出してもらったとしても売れなければ、オファーはこなくなるだろう。

 だからといってそればかり考えている必要はない。
 とにかく書きつづけることが大事なのだ。





[PR]

by kingminoru | 2011-09-18 07:29 | 小説家(小説)