老い

◆午前3時過ぎに起床。
 仕事をして、これから別の仕事に取りかかるところ。
 外は雨が降っている。
 気温が普段よりも低く過ごしやすい。
b0054391_5553557.jpg

 ふと、暗い夜空から降ってくる雨を眺めて思った。

 人は老いる。
 
 生まれた瞬間から年を取っていくのだから、当たり前のことだが、最近年齢というものを考えるようになった。

 20代30代のころは、そんなことは考えもしなかった。
 考えるようになったのは、体力の衰えを感じはじめた40代初めだったような気がする。
 無茶が利かなくなったし、走るとすぐに息が切れる。だから、なるべく走らずに歩くようにしている。
 激しい運動は無理である。サッカー少年だったのは、もうとうの昔のことだ。
 地を蹴ってダッシュしたり、何キロも全力疾走なんて、もうできない。

 皮膚も年々荒れてきている。女性にとっては、これが一番気になることではないだろうか。
 わたしの髪の毛は細くなり、そして薄くなっている。
 禿げたら、絶対にスキンヘッドにする。
 そこまで薄くなっていないので、いまは現状を保っているが、スキンヘッドまでカウントダウンがはじまっているような、そんな気配がある。
b0054391_5555585.jpg

 ああ、若さは保てないのだな。
 すると、大事に大事に年を取っていくしかない、ということに気づく。
 老いは避けられないのだから……。

 今朝はシビアなことを書いているなァ。

※アニーの写真は、風呂上がり。
※ミーチャはいつものようにマイペース。



[PR]

by kingminoru | 2011-09-20 05:52 | 健康