欲求不満

◆昨夜は遅くまで眠れなくて起きていたのに、やはり3時ごろに目が覚める。 
 睡眠不足なので、二度寝しようとするが、できない。コーヒーを淹れて読書する。

 山本周五郎の短編集を開いた。
 めずらしい作品があった。時代小説ではない、現代小説があったのだ。
 それも、怪奇小説(ホラー)である。
 ほう、周五郎さんもこんな作品を書いていたのかと、小さな驚き。

 とにもかくにも、ここしばらくは引きこもり状態で、ほとんど家を出ていない。
 仕事をするかテレビを見るか、読書である。
 テレビは基本的につまらない。見るのはスポーツやニュース関連の番組や自然や動物ものだ。
 ドラマもおおむねつまらない。見ていてつぎはどういう展開になるか、だいたい想像できるし、役者がどんな科白をつぎにしゃべるのか、それも遠からずあたってしまう。
 だから、つまらなくなる。

 しかし、昨夜「神様の女房」というのをNHKでやっていた。暇つぶしに、なんの気なしに、無意識のうちに見ていたら、「これは面白いドラマだな」と久しぶりに思った。
 全3回だから、あと2回も見ることにする。

 それにしても欲求不満気味である。
 いかんせん、酒を飲んでいない。もう8日は飲んでいない。
 肝臓は爆発的に元気。だからといって、飲みたいとは思わない。

 もっと欲求不満なのはゴルフができないことだ。
 練習さえやっていない。
 クラブさえ……いや、これは手許で弄んだりはしているが、ただそれだけのことだ。
 思い切り、ドライバーを振りまわし、アイアンを打ちたい、小技を磨くためにアプローチの練習もしたい。
 レッスン場の「虎の穴」にも行きたい。
 そういえば、月謝を払わなければならないのだ。あの先生も、心配してるかもしれない。
 もう来ないのかもしれないと思っているかもしれない。
 いや、先生、行きますよ。
 ちょっと待っててください。

 おお、そういえば火曜日はコンペなのだが、大丈夫かなと、いまから不安がいっぱい。
 休むわけにはいかないし、キャンセルするわけにもいかない。
 なにせ、わたしが主宰しているコンペだから。
 参加者は日頃お世話になっている編集者がほとんどであるし……。
 とにかく、今日明日で何とか……。
 なんとか……なんとか……ああ、それしかいえぬ我が身がつらい。

 さ、すっかり目が覚めたので、仕事にかかりましょう。
 コーヒーでも淹れて。

 ただいま午前5時20分でした。






[PR]

by kingminoru | 2011-10-02 05:27 | 小説家(小説)