ザックジャパンは勝ったけど……

◆11:50 仕事をするという気力をなくす。もう、今日は休む。土曜は半ドンだよな。

◆07:39 ふと、気づくことがあった。
       まる2週間酒を飲んでいないということに。どうでもいいけど。 

◆07:20 新聞に目を通し、朝食を終える。
       昨夜のザックジャパンの試合はイマイチしっくりこなかった。
       監督は試験的なことをやったようだが、ベトナムはレベルアップしている。
       舐めてはあかんぜよ。

       昨日は久しぶりに練習をした。
       無理はいかんなァ。今朝はアンヨがちょっとねえ……。

       車の運転中に、光文社担当より電話。
       車を止めてかけなおす。
       増刷の知らせだった。

       作家にとって一番嬉しいことは、増刷がつづくことである。
       重版重版重版……が嬉しい。
       100万部売れないかな~と思う。
       日がたつと、50万部でもいいやとなる。

       さらに日がたつと、20万部でも……いや10万部でも……と、希望はしぼんでゆく。
       ついには、版元が損しない程度売れていればいいのかなと、かなり消極的な気持ちになる。
       
       本が出ても、一度も増刷がないと不安になる。
       売れていないのだな。面白くないのかな。
       そう、思うのは当然だが、これで作家人生が終わったらどうしようか……
       などと先行きの不安に襲われることさえある。

       作家は売れてなんぼの仕事。売れなきゃそっぽを向かれる。
       収入に対する保証は一切ない。
       いつまで現状を維持できるかわからない。
  
       反面、大化けすることもある。
       編集者になかば見放されていた作家が、ある日、突然、大ブレイクなんてこともあるのだ。
       もちろん、誰もがそうなるわけではない。
       確率的には1%ぐらいだろうか……。

       厳しい世界ですなァ、と他人事のようなことを書いて、仕事にかかる今日のわたし。    

◆05:47 ネットを巡回して、これからアニーの散歩。

◆05:00 すでに目覚めていたが、起きだしてコーヒーを淹れる。タオルケット一枚では寒い。
       今夜は毛布を出そう。
[PR]

by kingminoru | 2011-10-08 05:47 | 小説家(小説)