タイトルなし

◆午前2時起床。

 とある小説を読みふけり、寒中見舞いを書く。

 年々年賀状を書く余裕がなくなる。
 いったい誰が年賀状などという七面倒くさいものを考えたのだ。

 江戸時代はなかったぞ!

 こんなに通信が発達しているんだから、もはや不要ではないか。

 と、思うのはわたしだけか。

 いっそのこと年賀状廃止論者になってやろうかしらん。

 おっと、もう5時半になった。
 今日も睡眠不足だな。

 でも、昨日病院で血液検査の結果をもらった。
 まったく異常なし。すべて正常値。
 γgtp50 尿酸値5・4 血圧も正常

 なにもかもOK。
 でも、酒飲みすぎで胃がもたれている。胃薬飲もう。
 ピロちゃんの退治をもう一度しなきゃ。

 では今日も元気溌剌で、ビシッといくぞ。





[PR]

by kingminoru | 2012-01-11 05:27 | 小説家(小説)