侍の娘です

◆仕事しようと思っているのに、まだネットをうろうろしていていまになり、急遽ブログを更新することにしたイナバは、昨夜は酒を抜きました。

 えーと、今月の第一発目の新刊紹介です。
『侍の娘』(徳間書店)
b0054391_4135471.jpg

 さばけ医龍安シリーズの第3弾です。
 泣けます。泣けるはずです。
 ハンカチかテッシュが必要かも。タオルでもいいけど。
 でも、読んでみなきゃわからないですね。
 是非、読んでください。

 徳間の紹介文はこうでした――。
≪貧者に癒し、外道に剣。「明神の龍」と慕われる町医者・菊島龍安のもとに依頼があった。
「何も聞かず、ある女性を診てほしい」。
謎の浪人・岡部伊右衛門に連れられて本所近くの陋屋を訪れた龍安は、病に臥した娘の高貴な美しさに胸を打たれる。
娘の名は佐和。
彼女は言う。
「私は生まれたときから殺されるかもしれない運命にあるのです」。
刺客に狙われ続ける娘の命を、龍安は救えるか──?≫

 ま、読んでのお楽しみということで……。

 ついでに今日もミーチャは真剣です。
 わたしは彼女と同じ目で、これから真剣に仕事に取り組みます。
 嗚呼、午前4時を回ってしまった。
b0054391_4132942.jpg

[PR]

by kingminoru | 2012-03-02 04:14 | 小説家(小説)