悶々小説家

◆どんよりと曇った空。

 その空の下で、緑の中に咲く鮮やかな紫色の花。
 
 しらん。
b0054391_6313896.jpg

 紫蘭という。

 知らんかったと、いえば、きっと「サブッ」といわれる。
b0054391_6314981.jpg

 いや、紫蘭はきれいです。

 仕事ですか? 
 進んでいるような停滞しているような・・・。
 おもしろくなるのか、ここまでもおもしろいのか、どうもわからん。
 
 助走が長い気もするが、その助走が大事だと思ってもいる。
 とにかく毎日原稿と格闘しています。それはたしかなこと。
 テレビも見ません。読書もなかなかできません。
 
 昨日ベガスにグループで旅行するという人がいた。
 羨ましいではないか。暇と余裕があるんだなと思う。
 あちきもかてて(加えて)といいたかったが、無理だな無理。

 おっと、片倉出雲氏から新刊が送られてきた。
 氏の書き下ろし作品だ。
b0054391_6265983.jpg

「甘露梅の契り」(徳間文庫)
 副題は「居残り兵庫事件帖」とあるから、シリーズ化されるのだろう。
 片倉出雲とは時代小説用のペンネームであるが、本来のペンネームで書かれる作品はどれもしっかりしているので、この作品も楽しみである。




[PR]

by kingminoru | 2012-05-10 06:26 | 小説家(小説)