スランプ

◆誰にでもスランプはある。
 昨日は壁にぶちあたり、一行も書けずに悶々としていた。
 ああでもない、こうでもないの繰り返しであった。
 そんなことはよくあるが、すらすらっとアイデアというものは出てこない。

 しかし、一夜明けたら原稿が進む。
 苦しくてもずっと考えつづけていないと、永遠に停滞するというのはわかっているので、忍耐が必要なのだ。

 ゴルフもスランプだったが、だんだん調子を取り戻してきてるカンがある。
 もっとも練習レンジだけのことで、コースに行ったらどうなるかわからないが、感触はよくなっている。
 
 スランプを脱出するのは、ある種の快感でもある。
 スランプ中は苦しいけど、今度はそれを楽しむ術を見つけてみようか。

 さあて、今日はこの辺にしておこう。




[PR]

by kingminoru | 2012-08-24 11:58 | 小説家(小説)