腱鞘炎

◆パソコンを長時間使う人は、マウスを多用する。

 マウスはおもに右手で使用するので、右手の腱鞘炎になりやすい。

 建築士の友人はマウスを使っての設計仕事が多いので、一日中マウスから手を放さないそうだ。
 そんな彼がときどき口にしていたことを思いだした。

「いやあ、夕方になるマウスがきつくなってくるんだよ」
 そして、彼は腱鞘炎である。

 わたしは今朝からマウス操作を左手でやるようにした。

 マウス操作を左手で行うと、右手の腱鞘炎になる可能性が低くなるようです。

 左がだるくなったりきつくなったら、今度は右手に変えればいいのです。

 マウス操作は両刀使いがいいみたい。





[PR]

by kingminoru | 2012-11-01 08:04 | 健康