もう、夜明けだ

◇夜半から降りだした雨は、小降りになったり、やんだりを繰り返している。

 そして、わたしは夜中に起き出して、いつものように仕事をしている。

 なかなか休めず、余裕のない毎日だが、それはそれで適当に誤魔化して、充実した日々を送っている。

 今日も、いつもと変わらない1日がはじまるが、ホームに入っている義母の様子を見に行く予定。

 齢94歳。

 ボケてもいず、頭ははっきりしている。

 両膝が悪くなければ、ホームに入る必要はなかったのだが、まあ年のせいというしかない。

 しかし、ホームの空気は苦手なんだよね。

 そんなことをいっちゃいけないが……。

 さあ、仕事に戻ろう。

 おっと、その前にアニーの散歩があった。
[PR]

by kingminoru | 2013-10-02 05:54 | 小説家(小説)