恋と煙草とストレス

■昨日、「鼻を噛みすぎてまた血が出た」と書いた。そんなことをしたら血が出るに決まっている。「噛み」は「かみ」の誤りである。

■今日の昼飯は、面倒臭かったので、チンしたご飯とカップ麺ですませた。簡単。あとはせっせと原稿書き。せっせせっせと書いていたら疲れてきた。
 そんなところにおふくろから電話。煙草をやめろ。
 はいはいと聞く。だが、ストレスが溜まるのでやめられない。それにわたしは、吹かすだけだ。酒を飲まなきゃ日に10本程度。禁煙したらイライラして仕事がちっとも捗らなかった。だから煙草をやめるのをやめたのだ。人間の体にもっとも悪影響を及ぼすのは、煙草や酒ではない。ストレスである。ストレスこそ万病のもとなのだ。
 もっとも酒も煙草も度を過ぎればよくないのだが、体に異常をもたらすのはストレスである。うちのおっかさんに、こんなこといってもきっと通じないだろうな。
 それから長生きするには、いつも恋をしていることらしい。アメリカの学界でも認められたのである。・・・恋か・・・いいなあ・・・。
[PR]

by kingminoru | 2005-02-28 15:06 | 小説家(小説)