禁煙リポート第?回

b0054391_20212484.jpg

◆今日は禁煙外来に行ってきた。
 初めて、この病院のドアを入って4週間が過ぎた。
 
 そして完全禁煙に入って3週間が経過したことになる。

 つづいているぞ!

 完全禁煙。

 いまじゃ、吸いたいと思わない。
 お酒の席などで周囲の人が、バンバン煙草を吸っていても、なんとも感じない。

「ああ煙草よ、さらばじゃ」
 てな感じ。

 今日も例によって、呼気内の一酸化炭素濃度を検査した。
 
 なんと、1ppm。
 超正常。

 最初は14ppmだったのがこうも減るとは思いもしなかった。

 煙草を吸っているとこの一酸化炭素濃度が上がるのだ。
 この数値が高いと、血管が詰まりやすくなったり、濁ったりする。結果、心臓疾患や脳疾患にかかりやすくなるらしい。
 つまり、脳腫瘍とか脳溢血とか、心筋梗塞とかになる確率が高くなるそうだ。
 もちろん、非喫煙者でもそのような疾患にかかる人はいるが、確率的には非喫煙者のほうが低いらしい。

 しかし、ほんとはときどき吸いたいと思うのだ。
 ああ、いま吸いたいと、思うときがある。でも、そこで吸わないのだな。
 きっと吸ったとしてもうまくないと思う。

 でも、夢を見る。
 うっかり吸ってしまった夢とか、知り合いがうまそうに煙草を吸っている夢とかを。

 まだ喫煙欲が残っているのかもしれない。

「ちょっと一本もらっていい」
 という、もらい煙草は絶対にやらないぞ。

 それから、薬(チャンピックス)を飲まなくなった。
 飲まなくても平気なのだ。

 でも、今日ももらってきた。

 ドクターは3ヵ月の禁煙に成功しても、そのあとでまた吸い始めることがある。そんなときに利用すればいいから、予備で持っているのは悪くないという。
 禁煙外来は3ヵ月しか保険が利かないのだ。だから、それ以降は実費になる。
 だから、薬は予定通りに出しますということらしい。
 
 とにかく、いまのところ禁煙は成功している。



w 
[PR]

by kingminoru | 2014-05-12 20:23 | 健康