もう、こーふん!

■06:00に目が覚める。ベッド脇のテレビをつけて耳をすますが、昨夜の興奮を伝えるシーンが何度も流れる。思わず布団をめくり、片目でにらむように画面を見る。
 ふむふむ・・・・・誰もがいうように勝てばいいのだ。勝てば。W杯ドイツへの道程は茨の道なのだ。1-0。オウンゴールだろうが、なんだろうがそれでいいのだ。
 でも、正直疲れた。
 一方、北朝鮮とイラン戦も観たけど、北朝鮮の選手は熱くなりすぎ。
 あんなとこで興奮しても無駄無駄。冷静にならんとね。彼らにだってまだチャンスは残っているのだから。その辺のことを考えておかないと。
 あと、番組はホリエモンの話──アホくさくてテレビを消して、シャワーを浴びる。
 さあ、本日も仕事だ。

■ご飯椀一杯、大根と油揚げのみそ汁と鮭で昼飯。
 午前中は原稿のチェックをした。面白くなければ、また工夫をと思っていたが、その必要はないようだ。ただし、少し長い。
 まだ話の半分もいっていないの、300枚を超えた。これは700枚ぐらいになっちまうかな。そうはしたくないのになあ・・・。
 これより別の作品に着手。相変わらずの2挺拳銃。

 森森夫婦が離婚だとテレビで騒いでいる。どうでもいいじゃない。他人のゴシップがそんなに楽しいかねー。

ここを←ときどき押してください、というといいそうだ。
[PR]

by kingminoru | 2005-03-31 16:17 | 小説家(小説)