大恥をかくかも

■今日も朝からせっせと原稿書きだが、第4章を書き終えプリントアウト。
 これから本日のメインイベントのことを考えなければならない。
 午後から東京ホテルに出向き、ある異業種交流会に出席し、人前で話さなければならないから、気が気でない。いったい何を話せばいいか、さっぱり決めていない。原稿も何も作っていない。ほとんどぶっつけ本番。
 正直、まいったなあ。今さらキャンセルするわけにもいかず、首を洗って足を運ぶことにする。もう開き直りである。
(※この結末はどうなることやら・・・心配です)

■先日、美容整形外科に行ってレーザー治療した。
 これはもう会う人会う人が、左頬に突然(といっても3年ぐらい前かな・・・)現れたシミのことを指摘するので、いっそのこと取っちまえということで一念奮起したのだ。
 当然病院じゃないので保険は利かない。安くはなかったが、なんだ簡単に取れるんだなということを実感。こんなことなら早く行くべきだった。
[PR]

by kingminoru | 2005-04-13 11:58 | 小説家(小説)