おそるべし、あなおそるべし

■昨日のつづきである。
 中央の内陣には金襴の打敷をめぐらし、緞帳(どんちょう)の柱かけに囲まれた須弥壇(しゅみだん)がある。中央は二十畳敷きの間である。その両側には上間、下間と同じ二十畳敷きほどの広間ががつづいているが、戸障子をはずして、せりだした広縁の広さも加えると、かなりの坪数となった。展示品は、この三つの部屋をぶち抜き、須弥壇も、位牌堂も、見えぬように白幕でかくしてしまうと、何ともいえぬ古雅な趣をたたえた広場といった感じがした。

※これだけで、かなりの情景が目に浮かび上がるが、これに輪をかけた描写がつづく。

 眺めは、何といっても方丈前の白砂に箒目をかけられた庭園だったろう。四条センターなどではみられない天然の優雅なものである。正面の白砂は、五線をひいた土塀によって囲まれていて、その塀ぎわに青苔の生えた築山がいくつもあり、形のいい赤松や栂が、長い枝をさしのべて、白砂の上にくっくり影をおとしている。

※丁寧な描写だ。ここまでしつこく書かなくてもと、思う人もいるかもしれないが、いやいや本文を読んでいると、これは絶対描かなければならない箇所であることがわかる。

■出典について、早瀬(偶然にもわたしの友人)が見事正解をした。
 そう、あの名作、水上勉「五番町夕霧楼」だったのである。
 おそるべし、あなおそるべし水上先生。先生にもっとお会いしておきたかった。

■本日は朝から資料読み。これで終わりそうな雰囲気・・・。 
 次回は、また別の作品を取り上げようと思うが、のっぴきならない所用があり三日ばかりブログを休みます。
[PR]

by kingminoru | 2005-04-28 14:44 | 小説家(小説)