う~む勝負だ(と、タイトル変えた)少し、付記したからね

■午前5時、いつものように自然に目が覚める。
 そっと耳を澄まし、外の音を聞く。雨はやんでいるようだ。カーテンを開けると、鳥たちの声が聞こえてきた。静かな朝だ。
 窓を大きく開ける。部屋の中のこもった空気が流れ出し、清涼な空気が入ってくる。鳥の声が一際高くなった。
 台所に行き、水を一杯飲み、もろみ酢を飲む。先日、このもろみ酢と醤油を間違って飲んだことがあるから、明かりをつけて確認してから飲む。
 んにゃあと、顔をしかめて飲んでいたのが、今は平気だ。慣れなんだろうな。

■「たまや」の最終章のチェックを終える。これから修正作業に入らなければならないし、取材のやり直しもある。来週はちょっと忙しい。
 今夜はバーレーン戦。負けてほしくない。理想は2-0で勝ってほしいが、せいぜい1-0ぐらいになるかな・・・ともかく蓋を開けてみなければわからない。
 北朝鮮がイランに勝つと面白くなるのだが、こちらもまだわからない。ああ、夜が待ち遠しい。

■今夜は何がなんでも勝ち手3を取ってもらわねばならぬ。
もぎ取ってもらわねばならぬ。

そして、北朝鮮がイランに勝利することを祈る。

一致団結日本人の熱い声援とエネルギーを彼の地に飛ばし、日本代表にパワーを与えよう。

そこでわしは宣誓する!
深夜の応援のために、これより酒をかっくらって早寝をして、午前零時に起きるぞ!

と、書いたのは午後3時過ぎあたりで、今はヘロヘロで、まだ眠れずに家の中をうろうろしております。
お~い、早く試合やってくれ~。もう、起きているのが・・はぁ・・はぁ
[PR]

by kingminoru | 2005-06-03 11:48 | 小説家(小説)