取材とサッカーと下町

■暗いニュースが多いけど、66歳の堀江謙一さんが世界一周無寄港を成功させた。人生はチャレンジだといわれた。素晴らしいと思う。そしてそうだと思うし、みんなに勇気を与えてくれることだ。
 さらにすごいのは、同じく世界一周をした71歳の斉藤実さん。こちらもヨットの単独無寄港だ。しかし、目標を50日オーバーしたので失敗だったと、己に厳しい言葉が爽やかだった。こういった明るいニュースがつづけばいいなあ。
 もちろん、サッカー日本代表の「W杯出場決定!」世界一番の名乗り声である。もう今からわくわく。

■そういうわたしは、今日は非常に多忙であった。
b0054391_17542669.jpg
05:00起床。取材の準備をして、原稿執筆、朝食をとっていざ門前仲町に──。
10:00約束の時間ぴったりに、ホソヤエンタープライズに行き、疑問点を河野社長に取材。初対面なのにとても好感の持てる人で、わたしの質問に丁寧に答え、そして説明をしてくださった。今日の取材は確認事項だけだったが、それでも「はあ、そうなんだ」と思うことがあった。やはり取材は欠かせない。
 河野社長は日本煙火協会の副会長も兼ねておられる。煙火協会とは花火の協会である。そして「ホソヤエンタープライズ」とは、花火の老舗なのです。全国で開かれる花火大会には必ず顔を見せる花火会社の雄です。
b0054391_1755021.jpg一番上の写真は、門前仲町の街。下町風情?
左は東陽町の街並み。



b0054391_17552666.jpg東陽町を流れる川。(運河だな)




b0054391_17555126.jpg東陽町で見つけたフランス料理屋。乱星さんお勉強に一度行ってみたら? でも嫌いなんでしたね。




12:00えとう乱星さん宅訪問。近所まで来たのでとメールを打ったら、「すぐに飛んでこい! 遊びに来ないとこれから遊んでやらない!」と、脅されたので図々しく訪問したのでした。
b0054391_17561523.jpg
 奥様にチャンポンをご馳走になり、乱星さんに資料のアドバイスを受ける。いいねえ、先輩は。ついでに、資料の一部も気前よくくれちゃうんだよね。ありがとうございます。
14:15自宅に戻り、原稿の執筆。ヒイヒイハアハア。
18:00仕事を切り上げ、サッカー観戦に備える。
 3人ほど客が来る。いずれもサッカーキチ。
さあ、応援すっぞ!
[PR]

by kingminoru | 2005-06-08 17:50 | 小説家(小説)