うろつく男

■〆切間近の短編50枚に取りかかったが、ちっとも進まない。
 原因はわかっている。
 大まかなストーリーは頭のなかにあるのだが、視点をどうするかが決まらないのだ。これは大切なことで、中途半端に書きはじめるととんでもないことになる。だから、視点をどうするかを試行錯誤しつづけているのだが、ちっとも整理がつかない。
 何だそうだったのか、こうすりゃよかったんだ、という瞬間がくるまで、レッサーパンダのようにうろうろしているしかない。思い切って雨の散歩にでも出かけるか。そのほうが結果的に効率よくなるときがある。
 喫茶店でぼんやりコーヒーを飲むのもいい。そういうときも、突然のひらめきがある。ただし、酒を飲んでいるときのひらめきはあてにならない。
 ここはいっちょう観音様でも拝むか?
b0054391_1335368.jpg

[PR]

by kingminoru | 2005-07-04 13:35 | 小説家(小説)