本を読む小説家

b0054391_17393267.jpg
■朝からずっと参考になりそうな本を読んでいる。内容は写真のようなことだ。といってもよくわかるまい。ときどき、聖書が出てくる程度の少年の話。
 ぼくは少年ではなくて、二十歳前後の二人の青年の話を書こうと思っているのだが、とっかかりがそこにあるのをまだつかめないでいる。もうすぐ、手に届きそうなところにあるのに、さわることができない。でももう少しでさわれそうだ。
 だからずっと本を読んでいる。執筆中の作品も書き継がなければならないが、それを中断して読書に没頭している。暑中見舞いのお返しも書かなければならないが、読書をしている。あとがきも書かなければらないが、それもお預けにしている。
 昼飯を食ってまた読書。そして、はたと気づいたら居眠りしていた。やばいやばい3時間近く寝ていた。
(*写真はまさちゃんがドイツに行ったときに撮ってきたもの。そのまま無断掲載m(_ _)m)
[PR]

by kingminoru | 2005-07-15 17:39 | 小説家(小説)