悶える

b0054391_15173275.jpg
■朝から悶々悶々。
 雨を降らす停滞前線のように仕事が進まない。ストーリーが弾まないのだ。平坦な道である。これでは面白くないと自分でわかる。どうにか弾みをつけたいと考えるが、いいアイデアが浮かばない。こういうときは無理をして進めないほうがいい。
 気分転換をしよう。
※写真は横浜のバーの老舗「スターダスト」の守り主・ミナト君。
[PR]

by kingminoru | 2005-07-23 15:18 | 小説家(小説)