行き詰まるのはたびたびのことだ

b0054391_1345865.jpg
◇午前2時に目が覚める。いかんと思い、もう一度寝直す。午前5時に目が覚める。
 もう寝ていることはできない。そのまま起きて、コーヒーをドリップする。
 湯気の立つカップを持って仕事場へ。
 午後1時頃、行き詰まる。ファイルを閉じて、ぼうっと外を眺める。
 曇っている空の下にある木立が、緩やかな風にそよいでいるだけだ。
目を閉じる。
 風の音……虫の声……鳥のさえずり……。
 遠くから環状線を走る車の走行音。これはかすかにしか聞こえない。
 その静寂を破るのは、突如、上空に現れた一機のヘリだった。だが、それは爆音を短い間轟かせただけで、どこかに行ってしまった。
 また、静寂。近くの小学校のチャイムが聞こえた。
 目を開ける。
 仕事モードが失せているのに気づく。疲れた脳を休ませるためにパソコンの電源を落とそうとしたとき、どこからともなくお囃子の音が聞こえてきた。
 また祭があるのだな。近くの商店街だろうか……。
b0054391_1351360.jpg

◇「おれの頭は、氷に刺さった水飴か。さもなくば、金平糖……」
[PR]

by kingminoru | 2005-09-28 13:04 | 小説家(小説)