待っていたお嬢様

■取材を兼ねた帰郷については書くことがあまりにもありすぎて、まだ整理がついていない。よって、今日の出来事。
 いつものように起床し、アニーの散歩ののち、朝食をとって新作に取りかかる。
 ある程度のプロットは田舎にいるときに作っていたので、すいすい進むかと思いきやそうでもない。難産す。
 そう書いているうちに、昨日家に帰るなり、アニーとミーチャの喜びようを思いだした。ミーチャはまあ猫らしくさめた感じですり寄ってきたが、アニーはもう飛びかかってくるは「クウクウ」と甘えた声をだすわで、わたしの顔はだらしなくなるばかり。
 四日間ひとりで寝ているのが寂しかったらしく、寝室に入ると枕元に寝そべる始末であった。

■もとい。
 仕事のあとはゴルフの練習。今日はレッスンプロのコーチを受けた。なるほど、なるほどとうなずき、教えを受けているうちはいいが、ひとりになるとフォームが変わったせいか、うまくいかないぞ。ありゃあ、明後日のゴルフは大丈夫かいな?
 不安になってきた。コースを回った後でコーチしてもらえばよかったか……。
 ちょっと忙しいので、本日はこれまで。
b0054391_18212866.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-02-21 18:21 | 小説家(小説)