願かけをやめるの巻

□願かけというのがある。神社などに行って、ああ、神様今年はどうか合格しますように、どうか無事子供が生まれますように、どうかジャンボ宝くじが当たりますように、どうか○○ちゃんと結婚できますように、などと祈るやつだ。
 勝手だよな。困ったときの神頼みというのはあるが、普段神社などに行きもせず、その場限りの頼みだからな。そういう自分はちょいちょい行って神頼みをしていた。
 だが、もうやめた。
 どうするかというと、感謝するのだ。どうか、こうなりますようにではなく、今日も頑張れましたありがとうございますとか、今度こんなことがありました、ありがとうございますと感謝のみすることにした。
 願い事を叶えてもらうよりは、何かがうまくいったときに感謝する。何もなくても、今日健康であることに感謝するだけでもいいのだ。
 ――願かけをやめた、わたしの独白でした。

□昨日は新宿まで出かける。行ったのは「椿屋」という茶廊。かつては「滝沢」という名だった。編集者や作家などが打ち合わせの場として頻繁に使う店だ。
 わたしが行ったのは久しぶりのことで、やはり顔見知りの編集者と遭遇。先方は真剣な様子で打ち合わせ中だったので、目顔だけで挨拶。
 講談社○元氏とサブタイトルの件で、あれやこれやとやり取りする。二人して、メモにいくつものアイデアを書いて出すが、なかなか決まらない。
 結局、メインタイトルで押すことに決定する。

□本日は午前中休養を取り、ベッドでごろごろしながら、歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」を読破。もう3年も前の作品だよな。早く読めってか。
 午後はエンジンをかけてバリバリ書きまくる。
 とはいっても、そう進んだわけではない。
b0054391_17535536.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-03-09 17:54 | 小説家(小説)