パーティは盛況だった

b0054391_14294575.jpg■ベテラン作家の森村誠一さんが、「人生の重荷や仕事のストレスにあえぐ人々にどんなに安らぎと救いを与えたことか」と、昨日、日本ミステリー文学大賞を受賞された赤川次郎さんについて、そう講評されていた。
 赤川さんも受賞の挨拶でそのことを述べられた。本当に嬉しい言葉だと思う。自分もそうなりたいと思った。
 昨日東京會舘で行われた日本文学大賞の受賞パーティに出席してのことだ。
 新人賞は該当作なしだった。鶴屋南北戯曲賞というのもあって、こちらは「春、忍び難きを」を書かれた、斉藤燐氏が受賞された。おめでとうございました。
 パーティは盛況だった。どちらかというと作家より編集者のほうが多かったような気がする。先日、吉川英治文学新人賞を勝ち取った今野敏氏に祝いの言葉をかけることができ、今や幸せの絶頂にある藤水名子氏とも歓談した。辻真先さんにも久しぶりに会い、話が弾む。知り合いの編集者と雑談をしたのち、世話になっている編集者と銀座でちょいと引っかけて帰宅したが、昨夜は雨がすごかったなあ。

b0054391_14295872.jpg■えとう乱星さんから新刊をいただく。ありがとうございました。
『ソルブライト』(GA文庫)聞き慣れない版元だが、ソフトバンクの出版部なのだ。
 それにしても乱星さんは守備範囲を広げたな。なかなかよいことです。これはライトノベルなのだろうな。暇を見て読むことにする。
 みなさんも是非チェックしてください。 
[PR]

by kingminoru | 2006-03-17 14:30 | 小説家(小説)