へろへろの小説家

■昨日今日と、脳味噌を酷使し、へろへろ。へろへろ。
 疲れがドカッとたまって、ついうっかり椅子に座ったまま居眠りをしてしまった。
 W杯もいよいよクライマックスを迎えつつあるが、ゆっくり見ている時間がないぞ。
 まあ馬車馬のように働き、そして楽しい遊びをするのだ。
 余暇を有意義に過ごすためにもいい仕事をしなけりゃならぬ。
 
 アニーの散歩から帰ってきたら、銀ちゃんから電話がある。ゴルフにいってきたという報告。こういうときはいい報告なのだ。悪いときはやつは、ゴルフのゴの字も口に出さないからな。
で、どのくらいでまわってきたかと訊ねると、
「すごいです。45と50でした」
 もう声が喜びいっぱいにほころんでいた。いきなり95のスコアとはすごい。わたしのベストスコアよりワンストロークいいではないか。ちと悔しいから、今度勝負だ。
「いざ、いざ、いざ!」といって、負けたらきっとへこむな。

■アニーに夏用のベッドを買ってあげたが、もっぱら利用しているのはミーチャ嬢であった。
b0054391_17114812.jpg

b0054391_17123366.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-06-28 17:12 | 小説家(小説)