もう昼下がりだ

まだ朝である。気持ちのよいすがすがしい朝である。
でも、昼間は気温が上がって暑くなりそうな気配。

昨日は何も書けなかったが、今日は少しは書こうと思う。
ただし、最後の追い込みが住んでから。

したがって、この書き込みは、本日少しずつ増えていくことになる。

つまり、書き足していくということである。
さあ、どうなるか。ちょっとそんなことを試みようとしているのである。
もち、写真も後ほどアップの予定。

約束どおりアップするが、疲れた。
早朝からの追い込みで、都合52枚の一気書き。
久しぶりにこんなに書いた。お陰でエンドマークまでいったが、見直すエネルギーが残っていない。その作業は明日にまわすことにしよう。

いやはや、ほんとに精も根も尽き果てたという疲労感。
いつも思うが、スポーツをやったときの爽快感はまったくない。
ものを書くというのは、それだけ精神的に疲れるということなのだな。

天気はよくなったが、気温はさほど上がらず過ごしやすい気候。

そのせいか、後ろでアニーはすやすや昼寝をしている。
★★★寝てませんよ。じゃあ寝たふりをしていたのかい?★★★
b0054391_15125915.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-09-03 07:44 | 小説家(小説)