匿名さんと連休

■雑用があったり、ゲラの仕上げがあったりしたので、更新がままならなかった。
(※行換えで話は変わる)
 わたしはコメントに対するレスはしないことにしているが、コメント戴いた方のブログなりHPには遊びに行かせてもらい、ときどきそちらでコメントしたりしている。
 しかし、匿名のコメントに関してはそのことがかなわないので、削除させてもらっている。そのことを先に断って、書くことにしよう。

■この前の更新で、先日観劇した舞台のことで、「匿名」さんよりコメントを戴いた。おそらく『海峡を越えた女』の制作関係者、あるいは同劇団を贔屓にしている方だと思う。
 その方は誤解をしておられるようだ。
 わたしは、批判をしたのではない。批評をしたまでのことである。もっとも言葉足らずのところは否めないが、あえて付け加えることもない。
 ただ、民族差別に関しては、わたしも少なからず興味を持っているし、差別は嫌いだし、したくもない。また、拙著にも少しではあるが触れている作品もある。
 ただ、そのテーマの作品を書こうとは思わない。おそらく書けないだろう。それは梁石日の『血と骨』に打ちのめされたからである。 
 
「匿名」さんにひとつだけ申したいことがある。プロとして仕事をする人、つまり俳優であったりスポーツ選手であったり、あるいはデザイナーであったり、そしてわたしのようなモノカキである人たちは、常に批評にさらされる。
 褒められることもあれば、けなされることもある。しかし、どんな厳しいことをいわれようが、それを真摯に受け止め、それを糧としてさらにステップアップしていくのがプロだと思う。
「匿名」さんはわたしの書き方にずいぶん憤慨されたようだが、その辺のことを理解していただければ幸いであります。

 最後に、拙著をお読みになっているかどうか存じませんが、もし読んでくださったなら、どうか厳しい感想を頂戴したいものです。楽しみにしております。

■話は変わって三日の日に墓参りに行ってきたのだが、連休初日だとはつゆ知らず、天気に誘われ愛車をかっ飛ばしてつくばに向かったのだが、よかったのは高速に乗るまで。
 あとはだらだらと進んだり、立ち往生したり、まさに高速駐車場道路と化しているではないか。そのときになって初めて連休に気づいた次第である。
 結局、目的地まで4時間もかかったぞ!
 だけど、同行したアニー嬢は大喜びだった。なにせ、墓地のそばには広い芝生畑があるのだ。アニーは、はしゃぎまくりました。

  ボールを投げると、疾風のように駆けてゆき……。
b0054391_513825.jpg

  「うしし、うしし、ボール遊びは楽しいなあ~」
b0054391_521880.jpg

  「こんなところで、いつも遊べたらいいなあ」
b0054391_525068.jpg

  そんなころ、留守番をしていたミーチャは、テラスで大あくびをしたり……。
b0054391_510110.jpg

  箱に入ってひとりで遊んだり……。
 「どこにも連れて行ってくれないから、やけくそよ。エイ、ヤッ!」とぼやいたりしていた。
b0054391_5104076.jpg

  遊び疲れると、買ってもらったばかりの専用ハウスに入って……。
  「遅いなあ~。早く帰ってこないかな~」などといっておとなしく留守番をしていたのであった。
b0054391_511835.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-11-06 05:04 | 小説家(小説)