苦しむ小説家

■昨日は快調だったのに、まったく今日は進まない。
 朝からヒイヒイいって、たったの十二枚。しかも、どうも気に食わない。
 時間を置いて、全部削除するかもしれない。そうなると、つらいのお……(泣き)。
 わたしが一枚というのは、四百字詰め原稿用紙一枚のことだ。
 通常は二十四枚前後を書くのだが、今日はノルマ達成に至らずだ。
 仕方ないので他のことをする。こういう日はいくら粘っても、無駄なことしか書けないことは経験上わかっている。

 ああ、猫になりたい。
b0054391_13131941.jpg

[PR]

by kingminoru | 2007-04-13 13:13 | 小説家(小説)