切開手術だとさ

■右目の瞼に、ものもらいができて一月あまり。痛くも痒くもないので放っておいた。とはいっても、気になったので二週間目ぐらいに眼科医に行ったのだが、間が悪く、その日は午前のみの診療で、休みであった。
 その眼科医の下に薬局があり、わたしはその店でものもらいの薬を求めてつけていた。しかし、いっこうに治る気配なし。
 昨日、仕事に区切りをつけて、再度同じ眼科医を訪ねた。
 思った以上に混んでいる病院で、患者は想像以上に多い。予想に反して待たされ、眼圧の検査を受ける。この検査には疑問があった。なぜ、ものもらいなのに……という。
 それで、検査を担当した可愛い看護士さんに聞いてみた。
「どうして眼圧を計るの?」
「は?」
 彼女一瞬目を丸くして、驚いたようだ。ドキッとしたのかもしれない。
「眼圧によって薬の関係がありますから……」
 と、彼女は慌てて返答した。
 わたしは内心で本当かよと、つぶやくが顔には表さない。診療点数を稼ぐための、無駄な検査じゃないの? 本当に必要なの? まあ、そんなことで争う気はないので、おとなしく診察を待つ。
 そして、診察の結果。連休明けに切開することになった。ものもらいには、腫れて膿むものと、腫れて固まる二種類があるそうだ。わたしは後者のほうらしい。
 点眼液と、ステロイド系の塗り薬をもらって帰る。

 外出すると、書くことがあるな。(←つぶやき)
b0054391_6592623.jpg

■昨夜は九時に就寝、一二時に起床、そのまま仕事。
 二時に就寝、五時に起床。
 ワンコの散歩して、これから朝食をとって、再び原稿執筆にかかる。
[PR]

by kingminoru | 2007-04-28 06:53 | 健康