一歩でも前へ

■三日間で六〇枚。
 このペースだと締め切りに間に合わない。
 キーボードに置いた自分の指を、じっと眺める。指がいくら早く動いても、思考回路がそれに追いついてこないと何にもならない。
 逆に思考回路のほうが高速回転し、先回りのアイデアを書けと指令を出すときがある。そのときは指の動きが間に合わない。皮肉なものだ。

 世間がGWで浮かれているとき、自分はこつこつと仕事をこなしている。唯一の楽しみは、若葉の茂る林のなかをアニーと散歩することぐらいか……。
 気合を入れてもなかなか前に進まないが、ちょっとでも前に行かなければならない。
 さあ、今日もわたしはパソコンの前に座っているぞ。
b0054391_6415558.jpg

[PR]

by kingminoru | 2007-05-05 06:39 | 小説家(小説)