ザッタなことを雑多に書いておく日

■執筆お預け。
 資料読みと資料探しに徹し、おおざっぱなプロット作成する。
 明日から本格始動。

◆脳味噌の肉襞に、ハンニバルを棲息させると、とんでもないことが起こる。
 通常のことが、通常でなくなり、普通なら普通の齟齬も矛盾もない展開になるが、予想外のきっかけを作ることで、矛盾はないが、「意外や」と思わせることになる。
 
 だから、だから、慌てて書き進めない。

◆サッカー日本代表はいい試合をしたのに、オシムの口は酸っぱい。ときに褒めたりもするが、やはり辛口だ。向上心の表れなのか? それがオシム流……?
◆女子ゴルフ。古閑美保を応援するが、さっぱりの成績。上田桃子が調子を上げている。これからは桃子の時代が到来するのか? そんな予感がする。
◆天気がよい。気温はそう上がらないから、漬けた梅干しにカビは生えない。じつは二日前に、少しカビが生えているのを発見。慌てて取り去る。

 がぶっ
b0054391_14143638.jpg

[PR]

by kingminoru | 2007-06-02 14:09 | 小説家(小説)