焦る小説家

■今夜は遅くまで起きていて睡眠をたくさん取るぞと、昨夜はカレーを食ってソファに横になり、テレビでやっていた『ダイハード』を観た。

 んがあ~と、
 いつの間にか高鼾を掻いて寝ていたようだ。
 芝居帰りのカミサンに起こされたのが何時だかわからないが、それから寝室に行ってまたぐおーっと、  
 寝たのだった。夢も見ずに。

 そして、夜中の三時に目が覚めた。

 決まらないタイトルを思案中。
 決まらないときは、いつまでも決まらない。
 困ったもんだ、烏賊の○○。屋根屋のふんどし。ちょろちょろ流れるお茶の水。粋な姉ちゃん立ち○○ベン。壁に耳あり障子に目あり、クロードチアリ。なんのこっちゃ……。
 そぎゃんこつしか頭に浮かばんとかいと、悶々としている早朝。
 書斎の窓から見える林のなかで鳥が鳴きはじめた。
 寝室からのそりとやってきたアニーがそばに来て、へたりと寝込んだ。

 真剣に考えるぞ、タイトルを!

 山本さんに95でまわるといった。白木に90でまわるいった。
 96なら、二千円の損失。90切れば二千円ゲットできる。
 頑張れ、おれ。

 タイトルを真剣に考えろ! おれ……。 
 出かけるまで、ファックスしなきゃならんのよ……。
 わかってるかい、おれ。
b0054391_4404265.jpg

[PR]

by kingminoru | 2007-06-25 04:32 | 小説家(小説)