終戦記日だけど……

◆終戦記念日である。
 焼け付くような猛暑である。群馬県で40度を超えたとニュースでいっていた。
 感激するような〝熱さ〟である。もう勘弁なのである。
 暦のうえでは立秋なのだ。
 梅雨が長かったとはいえ、やはりこれは異常気象だろう。自然という神に背いた人間たちへの報いなのであろう。

 今、立秋と書いた。
 立秋のころになると、ひぐらしが鳴き赤とんぼが舞いはじめる。
 強いぞ動物は。暦に忠実だぞ、昆虫は。

 わたしは赤とんぼの子供を見たし、ひぐらしの声を聞いた。我が家の近くで。彼らは暦通りに生きているのだと、感激したのである。

◆はい、仕事ですか?
 今日はちょっと進みました。(←テンション落ちすぎ)

◆我が家の動物君たちは、やはりへばっておりますが、仲良しです。
(↑急に話題を変えるなってか。でも、めげない)
b0054391_20483796.jpg

 仲良きことは美しき哉――(実篤)
 まさにその通りでござる。

◆わたしは明日、ゴルフにゆきます。(←また話が飛んだ)
 ずうっと昔から決まっていたのです。
 帰ってきたら仕事をします。←(ちょっと自信が……)
 でも、頑張ります。
 さあ、準備をして寝るか。四時起きだからな。
[PR]

by kingminoru | 2007-08-15 20:48 | 小説家(小説)