朝焼けを見た

◆今朝の東の空は、きれいな朝焼けだった。
 以前は高層マンションの九階に住んでいて、そこから見る朝焼けが好きだった。今は低層階なので朝焼けを見るto
すれば、アニーと散歩の途中ぐらいだ。これでアニーがいなかったら、めったにそんな空を見ることはなかっただろう。

b0054391_6112865.jpg◆散歩中にはいろんな発見がある。この門は富士食品という会社の敷地にあるが、そのまま壊さずに、どうやら保存してあるようだ。旗本あるいは小大名の屋敷門らしい。長屋門というが、果たして江戸期のものか……その辺はあやしい。今度訊ねてみるか。
 明治以降だとすれば、その家は元は武家だったのかもしれない。

◆少しは体に余裕ができるかと思っていたが、全然そうではない。ゲラ仕事に、新作の執筆と忙しい。予定のキャンプも中止で、休まず仕事している。
 楽しみはゴルフの練習と夕方軽く一杯やることぐらい。最近人にも会っていないような気がする。さあ、またこれから仕事だ。午前六時の日記もどきでした。

○コストコに犬は入れない。だからいつも待たされる。早く帰ってきてよと、半分不満顔のアニー。
b0054391_6144677.jpg

[PR]

by kingminoru | 2007-10-06 06:07 | 小説家(小説)