じっちゃんらは元気、そして新刊

■今年2冊目の新刊発売です。
b0054391_564013.jpg

 『雀の墓』(双葉文庫)――「影法師冥府葬り」の第3弾です。
 今回は謎解きにチャレンジです。さて、下手人は誰でしょう? しかし、それよりも、読者の皆様は、きっと理不尽な役人らに対して強い憤りを感ずることだと思います。
 どうか、お楽しみください。

■昨夜は久しぶりに『滝』に行った。小さなカウンターだけの店。
 着物を着た気のいい素敵なママがひとりで仕切っている。ときどき娘さんやお嫁さんが手伝ったりもする。
 わたしの右にはこーちゃん。この人は某大手商社の重役を勇退された方。そして、左は竹中さん。この人は専門商社の会長を、やはり勇退された方。

 二人ともとても話が面白い。が、やはり寄せる年波には勝てないのか、竹中さんは昨年暮れ肺炎で入院されていた。こーちゃんは前立腺肥大になられたらしい。

 わたしを挟んで二人は病気の話。竹中さんは医者にいわれたらしい。
「これ以上煙草を吸ったら死にますよ。肺が白くなるどころではありませんよ」
 脅された竹中さんは煙草をやめられた。

 右のこーちゃんは、
「ぼくはね前立腺肥大になって悲しい。もう男として役に立たなくなったんだよ。いやになっちゃうね」
 しかし、元気だ。この二人、ほとんど休まず毎日飲んでおられる。酒が入るとますます意気軒昂になられる。そして、七十まで煙草をバカスカ吸っておられた。
 健康とはわからないものです。

 わたしは坊さんのように質素な食事に徹しよう。

 ※ワインを飲みたがるミーチャ
b0054391_5143662.jpg

[PR]

by kingminoru | 2008-02-14 05:06 | 健康